母の日は全世界共通!?

Pocket

母の日に何かプレゼントをした経験はありますか?母の日を5月の第2日曜日という事は知っている方も、なぜその日なのかご存知の方は少ないのではないでしょうか。更に言えば、「母の日は日本だけ?」や「なんでカーネーションなの?」など知っているようで知らないことがありますよね。
そこで、「母の日」の謎について由来から順に見ていきましょう。由来を知って、これまでと違った母の日になるでしょう。

◆母の日の由来を知ろう
日本にすっかり定着した母の日ですが、その歴史は古く100年以上前にさかのぼります。
アメリカのフィアデルフィアに、アンナ・ジャービズという女性がおり、その母親が1905年に亡くなりました。母親を愛していたアンナは、1907年に支援者たちと共同でアメリカ全土に「母の日」の普及運動を始めました。そして、母親の命日に、ウェストバージニアの教会で「母の日」を祝いました。これが、5月の第2日曜日だったのです。
この運動は次第に広まって行き、1911年になると、ほとんどの州で「母の日」が祝われるようになりました。
そして1914年、ウィルソン大統領の提唱で、議会は5月の第2日曜日を国民の祝日「母の日」と制定したのです。

◆母の日にカーネーションを送るのはなぜ?
母の日にカーネーションを贈るきっかけとなったのは、前述のアンネが母親の大好きだった白いカーネーションを追悼式で配ったことが始まりです。
そして、赤いカーネーションは、健全なお母さんに贈られる風習から影響を受けて、その後、母の日に定着しました。
ちなみに花言葉を見てみると、 
・赤 …情熱、愛情
・白 …尊敬、純潔の愛
・ピンク …感謝、温かい心
 ・黄色 …友情、嫉妬
 ・紫 …誇り、気質  
このような意味がありますので、贈るとき意識してみるものよいでしょう。

◆母の日は世界共通
母の日は、日頃の母への感謝を伝える日と認識は世界共通ですが、日付と習慣が多少異なります。
ここでは、アメリカ/韓国/タイ/オーストラリア/フランス/イギリス/ハンガリー の母の日について見てみましょう。

➀アメリカ合衆国
 もちろん5月の第2日曜日が母の日です。
 カーネーションを贈る風習はアメリカから来たものなので、日本と同様に母の日にはカーネーションを贈るようです。
➁韓国
 韓国では、5月8日を「父母の日」としています。 韓国語では「オボイナル」といい「父の日」と「母の日」を一緒に行ないます。
日本と同様でカーネーションをプレゼントする文化もあるそうですが、韓国で1番喜
ばれる人気のプレゼントは「お金」だそうです。
➂タイ
 タイ・シリキット国王妃の誕生日が8月12日なのですが、タイではこの日を母の日としています。王妃が生まれた金曜日の色は、「水色」と決められており、母の日にはタイ国民は、自分の母親や王妃さまへの尊敬や感謝の気持ちを表すために、老若男女問わず
 水色の服を着ます。
➃オーストラリア
 日本と同様5月の第2週の日曜日が「母の日」です。
 母の日には、カーネーションを贈るのが一般的ですが、オーストラリアでは、なんと菊の花を贈るようです。日本では、菊を送ることがないため驚きですね。
➄フランス
 5月の最後の日曜日が母の日です。
 フランスでも、この日に母親へプレゼントする人が多いのですが、母の日とカーネーションとの結びつきに関しては、日本ほど強くないようです。
➅イギリス
 母の日は、イースター(記念祭)・サンデーの2週間前の日曜日に行われます。
 イースターは、毎年日付が変わる祝日の事です。
➆ハンガリー
 5月の第1日曜日に行われています。
「女性の日」として祝われており、小さい子供からお年寄りまでがお花や小さなプレゼントをもらえる日だそうです。

ご覧頂いたように、日付や風習は多少異なりますが、母親へ感謝を伝えることは全世界共通だと言えます。普段あまりにも近い存在なので、「感謝」することを忘れがちですが、年に1度の母の日に感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。